cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX) 株式投資情報 7月12日

7月12日(木曜日)の株式投資情報です。(12時47分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



翻訳センターが5年ぶりの高値、連続最高益の見込みで中期計画にも期待続く
■岩井コスモ証券は目標株価3000円で投資判断と伝えられる 翻訳センター<2483>(JQS)は12日の後場寄り後に8%高の2900円(220円高)をつけ、2013年9月以来の2900円台となっている。最高益を連続更新する見込みのため買い安心感があり、7月初旬、岩井コスモ証券が目標株価3000円で投資判断を開始したと伝えられ、再び動意を強めてきた。 5月に新・中期経営計画(2019年3月期から2021年3月期まで)を策定し、AI(人工知能)の活用による生産性の向上などを推し進..

【株式市場】好決算銘柄など強く円安進行など好感され日経平均は一時273円高
◆日経平均は2万2174円92銭(242円71銭高)、TOPIXは1713.19ポイント(11.31ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億6705万株 12日(木)前場の東京株式市場は、円相場が米6月PPI(卸売物価指数)などを受けてNY市場から1ドル112円台に入る円安進行となったことなどが好感され、株価指数のETF(上場連動投信)などが買われ、日経平均は104円高で始まった後、波状的に上値を追った。11時過ぎに273円05銭高(2万2205円26銭)まで上げた。前引け..

ウッドフレンズがストップ高、今期31%増益の見込みや連続増配を好感
■今期は売上高も20%の増加を想定し期末配当は140円を予定 ウッドフレンズ<8886>(名2、JQS)は12日、買い気配のあとストップ高の3950円(700円高)で始まり、10時30分を過ぎても20%高の3930円(680円高)前後で推移している。11日の取引終了後に3018年5月期の連結決算を発表し、今期・19年5月期の業績見通しを売上高20%増、営業利益を31%増などとし、注文殺到となった。 中京地区を地盤に宅地開発・住宅分譲などを展開し、19年5月期の連結業績見通しを..

ソフトバンクGは米投資ファンドによる買い報道を受け出直り強める
■タイガーグローバルが4〜6月期に10億ドル(約1100億円)投資と伝わる ソフトバンクグループ<9984>(東1)は12日、出直りを強めて2日続伸基調となり、10時30分にかけては5%高の9246円(434円高)前後で推移。「米投資ファンド、ソフトバンクに10億ドル投資」(日本経済新聞・電子版2018年7月12日0時13分)と伝えられ、期待や思惑が広がった。 報道によると、米大手投資ファンド、タイガーグローバルが4〜6月期に2本のヘッジファンドを通じてソフトバンク・グループ..

リオンが8%高、証券会社の投資判断(目標株価3250円)など材料視
■第1四半期決算の発表は7月30日の予定 リオン<6823>(東1)は12日、大きく出直って始まり、10時にかけて8%高の2445円(180円高)前後で推移している。連続最高益基調の好業績銘柄で、東海東京調査センターが「アウトパフォーム」(目標株価3250円)で新規に投資判断を開始したと伝えられている。第1四半期決算の発表は7月30日の予定。(HC)

メディカル・データ・ビジョンは看護必要度アプリ「カンゴッチ」など注目され出直り拡大
■業績が連続最高益の見込みで材料に反応しやすい メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は12日、出直りを強め、取引開始後に4%高の1609円(67円高)まで上げて出来高も増勢となっている。医療ビッグデータの大手で、業績は連続最高益の見込み。直近の株価材料としては、7月11日から、PCにダウンロードするだけですぐに利用できる看護必要度チェックアプリケーション「カンゴッチ」に新たな機能を追加したことなどが注目されている。 発表によると、「カンゴッチ」は、看護必要度の煩雑..

トレジャー・ファクトリーは第1四半期の大幅増益など注目され急伸
■営業利益は28%増加し通期見通しの37%を確保 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)は12日、大きく出直って始まり、取引開始後に15%高の757円(97円高)まで上げ、東証1部銘柄の値上がり率3位前後に躍進している。11日の取引終了後に第1四半期の連結決算(2018年3〜5月)を発表し、営業利益が前年同期比28%増加したことなどが注目されている。 第1四半期の連結売上高は前年同期比8.6%増加して43.54億円となり、営業利益は同28.4%増加して3.06億円となっ..

トランザスは売り一巡して反発期待、19年1月期増収増益予想、ホスピタリティロボットの開発着手
 トランザス<6696>(東マ)は、IoT端末・機器を製造販売するターミナルソリューション事業を展開し、中期成長に向けてウェアラブル端末やIoTコントローラーを育成している。また7月3日にはホスピタリティロボットの開発着手を発表した。19年1月期は第3四半期以降に新ターミナル端末を投入して増収増益予想である。株価は安値を更新する展開だったが、売り一巡して反発を期待したい。■IoT端末・機器メーカー STB(受信端末装置)やウェアラブル端末など、IoT(モノのインターネット)端..

日本エンタープライズが値上がり率トップ、今期の大幅増益見通しなど好感
■前5月期の連結決算は各利益とも大きく上ぶれて着地 日本エンタープライズ<4829>(東1)は12日、急伸して始まり、取引開始後に18%高の246円(37円高)まで上げ、東証1部銘柄の値上がり率トップに躍り出た。11日の取引終了後に2018年5月期の連結決算を発表し、今期・19年5月期の営業利益の見通しを63%増とするなど大幅増益の見込みとし、注目集中となった。 クリエーション事業、ソリューション事業とも好調に推移し、主力アプリであるヘルスケア、フリマ、交通情報などのアプリ、..

日経平均は104円高で始まり約半年ぶりの円安水準など支援
 12日(木)朝の東京株式市場は、円相場が米6月PPI(卸売物価指数)などを要因にNY市場で一時112円台前半に入る円安進行となり、日経平均は反発基調の104円66銭高(2万2036円87銭)で始まった。 NYダウは219.21ドル安(2万4700.45ドル)と5日ぶりに反落し、中国製品に対する大規模な関税品目の追加やPPIの上昇による金利上昇懸念が原因とされた。ただ、日本株にとっては、対中関税の追加を受けて11日に264円安と先行安した形になるため、12日はNYダウの下げに..

ベステラは急反発、19年1月期増収増益予想、原子力発電設備解体事業で業務提携
 ベステラ<1433>(東1)はプラント設備解体工事に特化したオンリーワン企業である。次世代プラント解体工法「3D解体」実現に向けたロボット開発も推進している。19年1月期(連結決算に移行)増収増益予想である。株価は原子力発電設備解体事業の業務提携を好感して急反発している。戻りを試す展開を期待したい。■鋼構造プラント設備解体のオンリーワン企業 製鉄所・発電所・ガスホルダー・石油精製設備など鋼構造プラント設備の解体工事に特化したオンリーワン企業である。 製鉄・電力・ガス・石油・..

LIFULLは売り一巡して出直り期待、18年9月期大幅増益予想、Mitula買収で成長加速
 LIFULL<2120>(東1)は、不動産・住宅情報総合サイト「LIFULL HOME‘S」運営など不動産情報サービス事業を主力に、生活関連領域への事業展開を加速している。18年9月期大幅増益予想である。さらにMitula買収で成長加速を目指す。株価は安値圏だが売り一巡して出直りを期待したい。なお7月26日に第3四半期決算発表を予定している。■不動産情報サービスが主力、生活関連領域への事業展開を加速 17年4月ネクストがLIFULLに社名変更し、ブランド名も変更した。LIF..

KeyHolderはライブ・エンターテインメント事業で新たな収益柱構築目指す
 KeyHolder<4712>(JQ)は、ライブ・エンターテインメント事業を開始し、新たな収益柱の構築を目指している。株価は秋元康氏の特別顧問就任を材料視した短期的な動きが一巡したが反発を期待したい。なお8月10日に第1四半期決算発表を予定している。■ライブ・エンターテインメント事業で新たな収益柱の構築を目指す Jトラスト<8508>グループで、17年10月旧アドアーズが持株会社へ移行して商号をKeyHolderに変更した。そして18年3月アミューズメント施設運営の子会社ア..

ソラストは自律調整一巡して上値試す、19年3月期2桁営業増益・連続増配予想
 ソラスト<6197>(東1)は医療事務・介護・保育関連サービスを展開し、地域の女性人材を活用するため女性が働きやすい職場づくりやICTの積極活用を推進している。19年3月期2桁営業増益・連続増配予想である。株価(7月1日付で株式3分割)は高値圏から一旦反落したが、自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。なお8月3日に第1四半期決算発表を予定している。■医療事務受託を主力に介護・保育サービスも展開 医療事務・介護サービスのパイオニア(旧・日本医療事務センターが12年に現ソ..

Jトラストは自律調整一巡して出直り期待、19年3月期大幅増益予想
 Jトラスト<8508>(東2)は、銀行業を中心とする持続的な利益拡大へのステージアップを目指して事業基盤を強化している。19年3月期は国内および東南アジアの金融事業が伸長して大幅増益予想である。株価は6月の年初来高値から地合い悪化も影響して反落したが自律調整の範囲だろう。出直りを期待したい。■国内外で金融事業拡大 銀行業を中心とする持続的な利益拡大へのステージアップを目指し、国内外でM&Aや債権承継などを積極活用して事業基盤の強化に取り組み、特に韓国やインドネシアなどアジア..

カナモトは調整一巡して出直り期待、18年10月期増収増益・連続増配予想
 カナモト<9678>(東1)は建設機械レンタルの大手である。北海道を地盤として全国展開と業容拡大を推進し、長期ビジョンで海外展開を成長エンジンと位置付けている。需要が高水準に推移して18年10月期増収増益・連続増配予想である。株価は6月高値から反落したが、豪雨復旧需要も材料視して切り返しの動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。■建設機械レンタル大手、成長エンジンとして海外展開を強化 建設機械レンタルを主力として、海外向け中古建設機械販売、土木・建築工事用鉄鋼製品..

日本エンタープライズは18年5月期通期連結業績予想と実績値の差異を発表
■利益面ではコスト削減に努めた結果、当初予想を上回る 日本エンタープライズ<4829>(東1)は11日引け後、18年5月期通期連結業績予想と実績値の差異を発表した。 売上高については、事業譲渡による広告代理サービスの売上消失をカバーするまでには至らなかったことから当初予想を下回る結果となった。 利益面については、コスト削減に努めた結果、営業利益・経常利益共に当初予想を上回ることとなった。また、純利益については、中国子会社の持分譲渡に伴う売却益の計上及び非支配株主に帰属する純利..

【株式評論家の視点】SKIYAKIは底値モミ合い、リバウンド相場入りを期待
 SKIYAKI<3995>(東マ)は、昨年10月26日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、プラットフォーム事業、コンサート・イベント制作事業、旅行・ツアー事業を行っている。ファンのためのワンストップ・ソリューションプラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」を中核として、アーティストに係るファンクラブサービス(FCサービス)、アーティストグッズ等のECサービス及び電子チケットサービス「SKIYAKI TICKET」、オンデマンドグッズサービス「SKIYAKI GOOD..

【銘柄フラッシュ】キリン堂HDなど好決算銘柄が上げ豪雨復興でオービスなども高い
 11日は、東証1部の値上がり率1位がキリン堂ホールディングス<3194>(東1)となり、10日発表の第1四半期決算(2018年3〜5月)の大幅増益などが注目されてストップ高の19.2%高。 2位はハニーズホールディングス<2792>(東1)の14.8%高となり、10日発表の2018年5月決算や今期・19年5月期の見通しが好感されて急反発。 3位は石原産業<4028>(東1)の13.1%高となり、酸化チタン市況の値上がりなどが言われて大きく出直りを拡大。 アイケイ<2722>..

【株式市場】中国の対米報復関税が気にされ日経平均は250円安前後で推移
◆日経平均は2万1932円21銭(264円68銭安)、TOPIXは1701.88ポイント(14.25ポイント安)、出来高概算(東証1部)は13億6664万株 11日後場の東京株式市場は、米国が中国に対する関税措置を追加したことに対し、中国側の対抗措置が懸念視され、材料株や好業績株が個別に選別買いされる展開になった。6月の全店売上高は前年同月比8.8%増加したエディオン<2730>(東1)は一段とジリ高。一方、貿易摩擦の影響が警戒される銘柄の中ではキヤノン<7751>(東1)や..

カーリットホールディングスは売られ過ぎ感、19年3月期2桁営業増益予想
 カーリットホールディングス<4275>(東1)は、M&Aも積極活用して化学品事業、ボトリング事業、産業用部材事業を展開している。自動車用緊急保安炎筒や電池受託評価試験などが好調に推移して19年3月期2桁営業増益予想である。株価は地合い悪化の影響で年初来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。なお7月31日に第1四半期決算発表を予定している。■化学品、ボトリング、産業用部材を展開 M&Aを積極活用して規模拡大と事業多様化を推進し、化学品事業(産業用..

ラ・アトレが4日続伸、販売用不動産の売却が材料視され後場一段と強含む
■17年度の連結経常益の30%に相当する額の大型案件を滞りなくこなす マンション開発などのラ・アトレ<8885>(JQS)は11日の後場、一段と強い展開になり、14時にかけて722円(12円高)まで上げて4日続伸基調となってる。業績が拡大傾向で、6月締めの第2四半期業績に期待があるほか、10日付で販売用不動産の売却を発表。業績推移の順調さを再確認して注目を強める様子がある。 売却価格や売却先は開示を控えたが、「当該売却による売却益は、平成29年12月期末における連結経常利益(..

【中西文行の相場展望】低PER・PBR銘柄に注目!
■ロータス投資研究所代表の中西文行氏に相場展望を聞く【中西文行の相場展望】低PER・PBR銘柄に注目!

エディオンは「月次」好調で後場一段と強含む
■6月の全店売上高は前年同月比8.8%増加し直営店は同9.9%増加 エディオン<2730>(東1)は11日の後場、一段と強含んで始まり、取引開始後に1113円(61円高)まで上げて反発幅を広げている。10日付で「月次開示情報」の6月分を発表し、注目されている。 6月は、店舗数が前月比4店舗の純増となり、全店売上高は前年同月比8.8%増加し、5月の同1.4%増加から大きく伸びた。直営店の売上高は同9.9%増加し、5月の同1.1%増加から大きく伸びた。(HC)

上場2日目のMTGは高値を更新、「ブランド創出力」など評価の様子
■美容機器や化粧品など企画・開発・製造・販売を行い営業利益30%増の見込み 上場2日目のMTG<7806>(東マ・売買単位100株)は11日前場、7670円(320円高)まで上げ、高値を更新した。後場寄り後も7580円(230円高)をつけている。 美容機器や化粧品などの企画・開発・製造・販売を行い、初値は公開価格5800円を22%上回る7050円。「クリエイション」「テクノロジー」「ブランディング」「マーケティング」という4つのファクターを融合することでブランドを創出する「ブ..



cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)最新情報  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け