cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX) 株式投資情報 4月12日

4月12日(水曜日)の株式投資情報です。(06時26分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



カーリットホールディングスは規模拡大や事業多様化を積極推進して収益拡大期待
 カーリットホールディングス<4275>(東1)は、化学品事業を主力に、M&Aも積極活用して規模拡大や事業多様化を推進している。当社はロケット用固体推進薬原料を国内で唯一製造しており、宇宙関連銘柄の一つである。17年3月期は研究開発費を含む販管費の増加や新興国景気減速、設備投資による償却負担増加などで減益予想だが増額余地があり、積極的な事業展開で中期的に収益拡大が期待される。株価は年初来高値圏から3月期末配当落ちや地合い悪化の影響で水準を切り下げたが、0.6倍近辺の低PBRも..

【銘柄フラッシュ】サイバーステップが急伸し細谷火工などの防衛関連株は連日急伸だが後場は売りも出る
 11日は、新日本無線<6911>(東1)が10日の夕方に発表した業績予想の増額修正を材料に大幅続伸し、一時13.8%高と2016年1月以来の500円台に乗り大引けも10.4%高で東証1部の値上がり率1位。石川製作所<6208>(東1)は防衛関連株の人気に乗って9.3%高となり東証1部の値上がり率2位。一時17.9%高まで上げて年初来の高値を6日連続更新したが後場は売買交錯。兼松サステック<7961>(東1)は高性能の防犯監視カメラや業績拡大などが材料視されて7.6%高となり..

【業績でみる株価】エヌ・ピー・シーは17年8月期第2四半期累計黒字化して通期予想に対する利益進捗率高水準
 太陽電池製造装置の大手であるエヌ・ピー・シー<6255>(東マ)が4月10日発表した17年8月期第2四半期累計の連結業績は黒字化し、通期予想に対する利益進捗率も高水準である。株価は安値圏でモミ合う形だが、好業績を評価して動意づく可能性がありそうだ。 17年8月期第2四半期累計(9月〜2月)の連結業績は、売上高が前年同期比3.3倍の22億77百万円で、営業利益が4億19百万円(前年同期は3億01百万円の赤字)、経常利益が3億56百万円(同3億50百万円の赤字)、純利益が1億5..

【株式市場】引き続き北朝鮮の動向などに不透明感があり日経平均は一時136円安だが材料株は強い
◆日経平均の終値は1万8747円87銭(50円01銭安)、TOPIXは1495.10ポイント(4.55ポイント安)、出来高概算(東証1部)は16億9117万株 11日後場の東京株式市場は、日経平均への影響度の大きいソフトバンク<9984>(東1)などが前場の安値を割らずに底堅かったものの、引き続き北朝鮮の動向などに不透明感があり、株価指数の先物が売られる場面があり、日経平均は13時30分にかけて前場の安値を割り込み136円02銭安(1万8661円86銭)まで下押した。昨日まで..

メドレックスは3日連続ストップ高、海外企業からのライセンス収入など好感
■インドの製薬会社の米国子会社との契約にともなう一時金収入 創薬ベンチャーのメドレックス<4586>(東マ)は11日、3日連続ストップ高の894円(150円高)まで上げ、この値で売買をこなしながら4時30分を過ぎてはストップ高買い気配となっている。引き続き、インドの製薬会社グループからのライセンス収入などが材料視され、年初来の高値を大きく更新している。2016年4月に1629円の高値がある。 同社は4月6日の取引終了後、業績予想の修正を発表し、同社グループが米国で開発中の痙性..

ラ・アトレは3日続伸基調、業績好調で東京五輪に続き大阪万博も視野に注目強まる
■PER割低く全体相場の安定化とともに再び割安感など評価の期待 マンション分譲などのラ・アトレ<8885>(JQG)は11日の後場6%高の601円(32円高)で始まり、3日続伸基調となっている。業績が急回復の見込みである上、この日は不動産株が全体的に強く、2025年に開催される万博の誘致に向けて、大阪府がBIE(博覧会国際事務局)に立候補することを政府が11日の閣議で了承したと伝えられたことも好感されているようだ。株価は3月に640円まで上げて年初来の高値に進んだばかりで、直..

【小倉正男の経済羅針盤】トランプ大統領の戦法・まるで「秀吉の小田原攻め」
■米中会談で圧倒的な格の違い トランプ大統領のアメリカが、シリアのアサド政府軍が支配する空軍基地を巡航ミサイルで攻撃した。しかも、米中首脳会談の真ッ最中に叩いた。 アメリカの巡航ミサイルでの攻撃は、アサド政府軍が化学兵器を使用したことを大義名分としている。「いくつもの一線を越えた」――トランプ大統領はそう語っている。 米中トップ会談でフツーに「二大強国」を演出したいと思っていた習近平(=国家主席)としては、屈辱だったに違いない。面子を潰された思いがあったと思われる。 ただ、そ..

【注目銘柄】エスケーエレクトロニクスは17年9月期第2四半期累計と通期の利益予想を増額修正
 エスケーエレクトロニクス<6677>(JQ)に注目したい。フォトマスク専業メーカーで、大型液晶パネル用は世界首位である。4月10日、17年9月期第2四半期累計および通期の利益予想の増額修正を発表した。通期利益予想は再増額余地がありそうだ。株価は2月の年初来高値から反落したが、自律調整が一巡し、増額修正を評価して上値を試す展開が期待される。 17年9月期第2四半期累計(10月〜3月)の連結業績については、売上高を6億円減額して前年同期比0.9%減の79億円としたが、営業利益を..

【株式市場】米金利の低下によるドル安・円高も影響し日経平均は一時115円安だが材料株物色は旺盛
◆日経平均の前引けは1万8708円49銭(89円39銭安)、TOPIXは1491.54ポイント(8.11ポイント安)、出来高概算(東証1部)は8億4131万株 11日(火)前場の東京株式市場は、北鮮を巡る地政学的リスクに加え、米国金利の低下を映したドル安・円高基調が影響し、朝から株価指数の先物が重く、日経平均は取引開始後に115円93銭安(1万8681円95銭)まで下押した。半面、決算の好調だったセブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)などは堅調に推移し、日経平均は..

【業績でみる株価】ライクは17年5月期第3四半期累計が大幅営業増益で通期予想は増額の可能性
 ライク<2462>(東1)(旧ジェイコムホールディングスが16年12月商号変更)は、人材サービス、子育て支援サービス、介護関連サービスを展開している。4月10日発表した17年5月期第3四半期累計の連結業績は大幅営業増益だった。通期予想に増額の可能性がありそうだ。株価は06年来の高値圏だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 17年5月期第3四半期累計(6月〜2月)の連結業績は、売上高が前年同期比33.9%増の291億17百万円で、営業利益が同94.9%増の15億11..

サイバーステップは2日連続ストップ高、引き続き業績予想の大幅増額など好感
■7日連続ストップ高の実績あり今回もS高を重ねる急騰をイメージする様子が ネットワークゲーム配信などのサイバーステップ<3810>(東マ)は11日、朝方に2日連続ストップ高の1367円(300円高)まで上げ、10時30分を過ぎてももそのまま買い気配となっている。4月7日の取引終了後、2017年5月期の連結業績見通しを大幅に増額修正し、営業利益は従来予想を9倍近く引き上げて3.5億円の見込み(前期の2.9億円の赤字から大幅な黒字に転換)などとしたため、増額幅の大きさなどが驚嘆さ..

【注目銘柄】ロコンドは17年2月期黒字化して18年2月期大幅増益予想
 ロコンド<3558>(東マ)に注目したい。靴を中心とした通販サイトを運営している。4月10日発表した17年2月期の非連結業績は黒字化した。そして18年2月期は大幅増収増益予想とした。株価は17年3月IPO後の落ち着きどころを探る形だが、好業績を評価して動意づく可能性がありそうだ。 17年2月期の非連結業績は売上高が16年2月期比29.9%増の28億93百万円で、営業利益が1億93百万円(16年2月期は2億08百万円の赤字)、経常利益が1億95百万円(同2億07百万円の赤字)..

カルビーと湖池屋は続落だが持ち直す、「ポテトチップス」など休売
■北海道産のジャガイモ不足しカルビーは15品目を一時販売休止と発表 「ポテトチップス」などのカルビー<2229>(東1)は11日、続落の始まりとなったが、朝方の3%安(120円安の3685円)を下値に持ち直している。10日の取引時間中に、北海道産のジャガイモの不足を要因として「ポテトチップス」の一部商品の販売休止などを発表。10日は2%安(65円安の3870円)となった。 発表によると、昨年8月に発生した北海道地区での台風の影響による原料馬鈴薯不足により、「ポテトチップス」の..

メディカル・データ・ビジョンが上場来の高値に迫る、株式2分割など好感
■業績は最高益を連続更新する見込みのため買い安心感が 医療ビッグデータ関連事業のメディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は11日、大幅続伸の始まりとなり、取引開始後に10%高の3850円(365円高)まで上げて3月につけた上場来の高値3940円に迫っている。10日の取引終了後に1対2の株式分割を発表し、好感されている。全体相場が重い中で、業績は最高益を連続更新する見込みのため買い安心感があるようだ。 4月30日現在の最終の株主名簿に記載または記録された株主を対象に、そ..

【業績でみる株価】レノバは17年5月期第3四半期累計が高進捗率で通期予想は増額の可能性
 太陽光発電やバイオマス発電など再生可能エネルギー発電の開発・運営を展開しているレノバ<9519>(東マ)が4月7日発表した17年5月期第3四半期累計連結業績の進捗率が高水準であり、通期予想は増額の可能性が高いだろう。株価は2月IPO人気が一巡した形だが、好業績を評価して動意づく可能性がありそうだ。 17年5月期第3四半期累計(6月〜2月)の連結業績は、売上高が67億74百万円、営業利益が25億21百万円、経常利益が18億59百万円、純利益が20億02百万円だった。連結売上高..

石川製作所が連日高値、地政学的リスクに対する「ヘッジ銘柄」の見方も
■主力株の値下がりを埋めるような働きが意外に有効と 石川製作所<6208>(東1)は11日も大幅続伸となり、取引開始後に15%高の1598円(203円高)まで上げて6日連続の年初来高値更新となった。防衛需要関連株の代表格で、引き続き北朝鮮を巡る地政学的リスクへの懸念が材料視されている。 このところ値幅妙味が強まっているため、投機資金などの売買が活発化しているようだ。しかし、地政学的リスクが再燃し全体相場に手控えムードが漂う環境では、主力株の値下がりを埋めるような働きをするため..

【株式評論家の視点】イワキは「MEDTEC Japan 2017」に出展、中国市場での事業展開に期待高まる
 イワキ<6237>(東2)は、昨年3月18日に東京証券取引所市場第二部に上場。ケミカルポンプをはじめとする各種流体制御製品の開発・生産・販売を行っている。同社は、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアと世界中に拠点を持ちグローバルに展開している。日本国内も全国を網羅する業界ナンバーワンの販売体制でシェアを拡大、導入後の顧客をフォローし続けている。 同社は、4月19日(水)〜21日(金)に東京ビッグサイトで開催される「MEDTEC Japan 2017」に出展する。弊社ブー..

日経平均は反落の80円安で始まり円高や地政学的リスクなど影響
 11日(火)朝の東京株式市場は、北朝鮮を巡る地政学的リスクへの懸念に加え、米長期金利の低下を受け、日米の金利差縮小を意識したドル安・円高が再燃し、日経平均は80円33銭安(1万8717円55銭)と反落して始まった。 円相場は1ドル110円80銭前後で始まり、昨日夕方の同111円30銭前後から円高に振れている。対ユーロでは昨年11月以来約5ヵ月ぶりの円高の同117円30銭前後となっている。

京写は17年3月期大幅営業増益予想で18年3月期も収益拡大期待
 京写<6837>(JQ)はプリント配線板の大手メーカーである。中期成長に向けて内製拡大などの施策を推進している。LED照明関連の市場拡大を追い風として、新規取引拡大も寄与して17年3月期大幅営業増益予想である。そして18年3月期も収益拡大が期待される。株価は3月の年初来高値圏から反落したが、自律調整が一巡し、指標面の割安感も見直して戻りを試す展開が期待される。■プリント配線板の大手メーカー プリント配線板の大手メーカーである。世界最大の生産能力を誇る片面プリント配線板、およ..

アルコニックスは円安や市況回復で18年3月期収益拡大期待
 アルコニックス<3036>(東1)はM&Aも積極活用して、商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」を目指している。17年3月期減益予想だが、18年3月期は円安や非鉄市況回復傾向で収益拡大が期待される。積極的な事業展開で中期的にも収益拡大基調だろう。株価は3月の年初来高値圏から一旦反落したが、自律調整が一巡し、指標面の割安感も見直して上値を試す展開が期待される。なお5月15日に17年3月期決算発表を予定している。■商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」 軽金..

久世は18年3月期も収益拡大基調、低PBRにも注目
 久世<2708>(JQ)は外食・中食産業向け業務用食材卸売事業を首都圏中心に展開している。売上総利益率改善などで17年3月期利益予想は増額の可能性があり、18年3月期も収益拡大基調が期待される。株価は2月の上場来高値から反落したが、0.7倍近辺の低PBRも注目点であり、自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。■業務用食材卸売事業を首都圏中心に展開 首都圏中心に外食・中食産業向け業務用食材の卸売事業を展開し、子会社キスコフーズは国内とニュージーランドで業務用高級ソース・高..

DNAチップ研究所は診断事業強化して収益改善目指す
 DNAチップ研究所<2397>(東マ)は、DNAチップ技術や遺伝子系検査コンテンツの開発・事業化を目指すバイオベンチャーである。リウマチェック、免疫年齢サービス、EGFRチェックなどの診断事業を強化して、収益改善を目指している。株価は徐々に下値を切り上げている。戻りを試す展開が期待される。■DNAチップ技術の事業化を目指す研究開発企業 将来の個人化医療や未病社会の実現を見据えた遺伝子発現プロファイル収集・統計受託解析など、DNAチップ(DNAマイクロアレイ)技術や遺伝子系検..

燦キャピタルマネージメントはバイオマス発電関連への事業展開加速、18年3月期収益改善期待
 燦キャピタルマネージメント<2134>(JQ)はインバウンド向け宿泊関連事業、販売用不動産投資事業、およびクリーンエネルギー関連事業を軸として収益改善を目指している。特にバイオマス発電関連への事業展開を加速して、18年3月期収益改善が期待される。株価は水準を切り下げる展開だが、16年1月の上場来安値に接近してほぼ底値圏だろう。■事業再構築して収益改善・安定化目指す 投資事業、アセットマネージメント事業、その他の事業を展開してきたが、17年3月期から、宿坊や古民家など観光客や..

モルフォはSRL社と業務提携することを発表
■画像認識/処理技術を応用するための共同研究開発を開始し、医療機関向け検査サービスの付加価値向上を目指す モルフォ<3653>(東マ)は10日、SRL社と業務提携することを発表した。 SRL社は、みらかグループの受託臨床検査事業の中核企業として、主に大病院を中心とした医療機関から特殊検査を中心に臨床検査の受託を行っている。同分野では国内第1位の事業シェアを持っている。 今回の業務提携により、同社とSRL社は、検体検査領域において画像認識/処理技術を応用するための共同研究開発を..

メディカル・データ・ビジョンは1対2の株式分割を決議
■基準日は実質上4月28日 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は10日、同日開催の取締役会で、株式分割と、株式分割に伴う定款の1部変更を決議した。 投資単位当たりの金額の引き下げ及び株式の流動性向上により、より投資しやすい環境を整え、投資家層の拡大を図ることを目的としている。 4月30日(日曜日)(実質上は4月28日(金曜日))を基準日として、同日の最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有普通株式1株につき、2株の割合をもって分割する。 効力発生日は、5月..



cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)最新情報  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け